カテゴリ:宇宙船地球号( 7 )

 

「世界に目を向ける子どもたちの育成」が、ニュースで紹介されました(ただしすべて英語)

 私たちの学校でもしていただいた文部科学省との連携プログラム「世界に目を向ける子どもたちの育成」が、NHKの国際放送部から取材を受けたそうです。宇宙船地球号のトップページにある新着情報に載っていました。
「日本の子どもたちの描いた大切なものの絵」と、「途上国の子どもが描いた大切なものの絵」を比べながら、国際理解協力を行う、という構成です。(宇宙船地球号 新着情報より引用)

 2月14日まで、インターネット上で見られるとのこと。すべて英語なので、英語の勉強にもなるよ!URLはこちら

 また、同じく新着情報に、インターネットの「Our Planet TV」にて、宇宙船地球号の活動が紹介されているそうです。もうすぐ過去ログにいくそうなので、お早めに!
[PR]

by kanan_kokusai | 2008-02-09 05:39 | 宇宙船地球号  

地球温暖化、しずみゆく楽園ツバル(子ども向け短編)

 先日、山本敏晴さんにお越しいただき、講演していただきましたね。
 ツバルという国の子どもたちが描いた絵の解説をしながら、「ツバルという国が沈んでしまう!」「温室効果ガスによる地球温暖化が原因」「私たちの国(先進国)の工場などが出す煙が関係している」と話が進み、最後に「私たちができること」を紹介していただきましたね。
c0140999_6462417.jpg


 先日の講演に大きく関係した映像作品が、名古屋などで公開されることについても、講演の最後にふれていましたが、7分にまとめた映像作品が、ネット上で公開されました!

 NPO法人 宇宙船地球号・動画サイト(暫定版)などで見ることができます。是非見てくださいね!講演の感動がよみがえってくる!?
[PR]

by kanan_kokusai | 2008-02-02 06:35 | 宇宙船地球号  

山本敏晴さんの講演を聞いて、最も印象に残ったことは?

 宇宙船地球号の取り組みの一つである、「世界へ目を向ける「きっかけ」の提供」として実施している、ODECOプログラム「世界に目を向けた子どもたちの育成」を実施していただき、約半月が過ぎました。
 少し遅くなりましたが、そのときに参加者にお願いしたアンケートの集計結果を(簡単にですが)分析しましたので、ここに報告します。

 山本敏晴さんのブログにも書いていますように、講演後はいつも以下のアンケートをしているとのこと。
1.一番印象に残ったことは、何ですか?
2.質問はありますか?
3.今日の講演で、悪かったところは、どこですか?

 本校でも、ODECO実施後のアンケートとともに、参加者に用紙へ記入してもらいました。

<まだ途中ですが、できたところまででもよければ、ご覧ください。>

集計結果を見る!
[PR]

by kanan_kokusai | 2008-01-27 10:14 | 宇宙船地球号  

山本敏晴さんの講演

 本日、NPO法人「宇宙船地球号」の代表である、山本敏晴さんが本校にきてくださいました。
 JICAの方も聴講に来られました。

 最初は、地球温暖化によって、水没の危機にある国、ツバルについて。
 ツバルは、水没の危機に瀕している、ということは一般に知られるようになってきましたが、今回の講演では、実際にツバルに行き、ツバル国民が、具体的にどのようなことに苦しみ、悩んでいるのかを中心に話してくださいました。
 
 ツバルでたいへんなことの一つが、飲み水の確保です。以前は、井戸の水を飲み水に使えていたのですが、水位の上昇により、井戸水に海水が混じり、飲み水として使えなくなったそうです。そのため、タンクに雨水をため、それを飲み水として利用していたのですが、一時期雨が全く降らず、たいへんだったとのことです。
 食糧問題も、深刻です。食料を輸入するのはいいのですが、食料から出るゴミも、非常に頭の痛い問題であるそうです。下の写真は、山本敏晴さんが、ゴミの山を撮影したものについて説明する様子です。
c0140999_18503726.jpg


 ツバルという国は、地球温暖化の影響が最も顕著にあらわれている、日本の将来の姿である、といったお話をしてくださいました。

c0140999_1850538.jpg

 最後に、「あなたにできること」として、
1.電気を節約すること、
2.水を節約すること、
3.ゴミを減らすこと、
4.買い物をするときに、環境のことを考えている会社の品物かどうかを考えて買うこと、
5.世界のことを考える人を増やすこと
の5つを教えてくださいました。
 そして、昨日みなさんが描いた「私の大切なもの」の絵の交換をしました。他の人が描いた絵を受け取ったときのみんなの笑顔が印象的でした。
c0140999_6433277.jpg


 講演終了後、参加した生徒から、「山本さんが来てくれて、本当に良かった。来年も是非来てもらえるようにしてあげてほしい。」との声が聞かれ、「来てもらえて、本当に良かった。」と思っています。

 山本敏晴さん、そして、宇宙船地球号のみなさん、ありがとうございました。

 
[PR]

by kanan_kokusai | 2008-01-11 17:46 | 宇宙船地球号  

あなたの大切なものは何ですか?

 今日は、3回シリーズの2回目。
 「あなたの大切なものは何ですか?」と問いかけ、自分にとって大切なものやこと、人を描きました。
c0140999_17421060.jpg

 3年生全員が、美術室で描きました。
 最初は、「何を描けばいいんだろう?」と、なかなか筆が進まなかったのですが、描き始めると、熱中して描いていました。

 描き終わったら、自分の描いた絵を持って写真をパチリ。

 他の人は何を描いたのか、気になるようでした。

 さぁ、いよいよ明日、講演です。楽しみ!
[PR]

by kanan_kokusai | 2008-01-10 17:44 | 宇宙船地球号  

「価値ある国際協力」とは・・・

 今日から「世界に目を向けた子どもたちの育成」を目指しての、三日間連続シリーズ。

 一日目の今日は、NPO団体「宇宙船地球号」の活動を紹介したテレビ番組を視聴しました。
c0140999_855654.jpg

 「価値ある国際協力を目指して・・・」をテーマに、「宇宙船地球号」代表の山本敏晴さんがこれまで取り組んできた「国際協力」を中心に紹介されたものです(「宇宙船地球号」さん、ありがとうございました)。

 視聴後に、学びのカードに「気づいたこと」や「思ったこと」、「わかったこと」等を記入しました。
c0140999_9344216.jpg

 生徒の「学びのカード」にかかれたものの一部を紹介します。
「いちばん大切なものは自分にとって一体なんなのだろうと考えさせられた。」
「その生活環境になどによって大切なものはまったく違うということが分かった」
「ボランティア活動が続いていけばいいなと思った。」
「ボランティアは継続させることが大切」
「地雷はだめ」


 このDVDの中では、世界中の子どもたちに「あなたの大切なものは何ですか?」と聞き、それを絵に表現してもらうという取り組みについて紹介されています。当然、日本の子どもも含まれています。

 明日は、本校でも同じ質問をする予定です。

 「あなたの大切なものは何ですか?」
と。
[PR]

by kanan_kokusai | 2008-01-09 23:51 | 宇宙船地球号  

『亀は久美子』 山本敏晴関連記事リンク


2007年10月14日 キーワードは『亀は久美子』 NPO法人・宇宙船地球号の事務局長、山本敏晴さんを迎えて
毎日jp 今週の本棚・新刊:『国際協力師になるために』=山本敏晴・著
[PR]

by kanan_kokusai | 2007-09-24 23:37 | 宇宙船地球号