クラスメートのいいところを教えてあげよう!

  前回は、自己紹介マインドマップの作成ついて学びました。マインドマップは、あくまで、問題を解決する手法の一つです。今までに学んだ別の方法、たとえばKJ法(思いつくままカードへ記入して、そのカードを分類していく)や、普通にノートに箇条書きをしてもかまいません。自分で「使いやすい」と思う手法ですればいいのです。

 前回に、自己アピールや長所・短所を話すのが苦手のようである、ということを話しました。それで、面接で聞かれても困らないように、あらかじめ自分自身のことをしっかりと振り返る、という意味で、「自己紹介マインドマップ」を作ってもらいました。
 でも、「自己紹介マインドマップ」はあくまで手法でしかないので、自分の長所・短所がわきでてくるわけではありません。そのため、やはり長所・短所を記入するところで手が止まっている人が多かったように思います。「自分のことを考える」ということを普段からしていないでしょうから、気恥ずかしい、というものあるのかな?

 なかなか自分では、「長所」と思えることを見つけるのは難しいかもしれません。ならば、いつも時間を共有しているクラスメートに聞いてみよう!

・・・ということで、クラス全員に、クラスメート全員の名前の書かれた用紙、「あなたのいいとこみっけ!カード」を配布し、そのカード一枚一枚に、一人一人の「いいところ」を書き込みました。
c0140999_14124247.jpg

 「自分のことを書くより悩むで。」
と言いながらも、和気藹々(わきあいあい)とした雰囲気の中、クラスメートのいいところを書いていました。
 9年間同じクラスだった子もいるんですよ!
c0140999_1418751.jpg



※この取り組みは、「プロフェッショナル仕事の流儀」第46回を参考に考えました。入試をひかえた子ともを持つ人は、一度ご覧になってみてください。参考になることが多々あると思います。
[PR]

by kanan_kokusai | 2008-01-28 14:26 | 未来へ向かって・・・!  

<< ポストカードコンテストに参加しよう! 山本敏晴さんの講演を聞いて、最... >>