今までの学びの過程(プロセス)をブログで発信しよう

 みなさんは、3年生になってから、主に「国際理解」をテーマに学んできました。

 1学期は、修学旅行で行った東京での施設訪問での学びをまとめ、発表しました。
<写真は、発表へのアドバイスを整理したものです。>
c0140999_10405929.jpg

 また、スキル学習として、「他己紹介」をしたり、「月で迷ったゲーム」をしたりしましたね。
<図は、「月に迷ったゲーム」の振り返りを分析したものです。>
c0140999_10362945.jpg

 2学期は、「コンビニ弁当」について学び、私たちの生活が、いかに世界とつながっているかに気づきました。
<図は、「コンビニ弁当」について学んだことを整理したものです。>
c0140999_1039459.jpg

 そして、「世界の子どもたちのために私たちに何ができるのか」をテーマに「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの文化祭キャンペーン」に参加し、13のグループに分かれて、それぞれのグループが「地域の方々に何を伝えるのか」を考え、それぞれが、それぞれの方法で発信しました。
 地球の形をした募金箱を作ったグループ、コミック形式で地球温暖化から地球を守ろうとうったえたグループ、落ちゲーで世界の国を知ってもらおうとしたグループ。掲示資料を工夫し、クイズ形式で展示したグループ、チャート式で、見る人が考えてもらいやすいように工夫したグループ、戦争の悲惨さをうったえたグループ等、各グループがそれぞれに考え、悩みながらも、なんとか当日までに完成させ、自分たちで発表資料や展示物を掲示しましたね。
<図は、各グループがどのように関連しているかを表したものです。>
c0140999_10422328.jpg

 結果、皆さんの努力が評価され、文化祭キャンペーンで「グランプリ」となりました。

 3学期は、「世界に目を向けた子どもたちの育成」プログラムを受講し、NPO団体 宇宙船地球号代表である山本敏晴さんに来ていただき、ツバルについて、「地球温暖化によってこれから世界に起こることが最も早く現れている」と話していただきました。また、「あなたのたいせつなものは何ですか?」と皆さんに描いてもらった絵を交換し合い、誰もが大切なものを持っていて、その大切なものは育った環境によって異なるということを、そして、世界中の人たちが、それぞれの人たちの大切なものを大事にすることができれば、世界はよりよく変わることができる、ということを学びました。


 卒業まで、あと2ヶ月を切りました。卒業までに、皆さんが、これまでに学んだエッセンスを、後輩たちのために残しておきましょう。

 前回までに、文化祭キャンペーンで学んだことを、マインドマップ形式でまとめました。
<図は、マインドマップへの記入例>
c0140999_10351055.jpg
これを参考にして、ワークシートに書き入れましょう。
[PR]

by kanan_kokusai | 2008-01-21 00:00 | 文化祭キャンペーン  

<< グループごとに、原稿の下書きをしよう 祝!!文化祭キャンペーンにて、... >>